2007年06月01日

僕が君を想うとき - CALUA - [album『ほのぼの』より]

1st_jacket_2.jpg



2.僕が君を想うとき - CALUA1.
昨日は君のことを想ってよく眠ったよ
その前は将来のことを考えると
眠れなくなった
その前は真夜中の逃亡者たちに邪魔された
だから今日も君を想いながら眠りにつくよ

君を想うことが 君を想うことが
今の僕にとって 一番幸せなこと
君を想うことが 君を想うことが
今の僕にとって 一番大切なこと

2.
昨日は君のことを 真剣に考えたよ
それまでは自分のことなんて
どうでもよかった
それまでは自分だけの自分でいたんだ
だけど今はもう死ぬことさえも怖くなった

君を想うのなら 君を想うのなら
僕は僕であり続けなきゃいけない
君を想うとき 君を想うとき
僕は自分の存在をやっと認められる

いつか君と同じくらい
自分も好きになれたらなぁ
posted by CALUA at 01:12| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | [CD]ほのぼの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。